ボタンを使ったアクセサリー

色やデザインがさまざまあるボタンをカボッションやビーズとして使うと、素敵なアクセサリーができます。オフルームビーズワーク教室でも、よく作っています。

デザインが凝っているものは、そのまま使うことができますが、ボタンの足が中央部分にあるため、少し工夫が必要です。
下写真は、ボタン穴を利用してネックレスにしていますが、ボタン穴から直接ネックレスをぶら下げると、ボタンが前に倒れてしまいます。



そこで、次の図のように、ボタンの足にナイロンコードを通してから、ボタンの足が通るように中央に穴を開けた不織布(フェルトや合成レザーなどでも可)を裏から貼り付けます。そうするとボタンがきれいにぶら下がります。
ボタン穴を利用して、フリンジを付けることもできます。

ページ先頭へ

下写真は、ボタンを直接ピアス金具に取り付けています。

裏側は、こうなっています。すき間をうめるために、Tピンにシードビーズを通してボタン穴に通して接着し、ピアス金具とつないでいます。

裏の仕上げが気になる場合は、次のようにもできます。

柔らかくて細いワイヤーに特小ビーズを通して、渦巻き状にして、円形に切った不織布に縫い付けて固定します。これをボタンの裏側に接着します。
貼り付けた不織布が見えないように、ボタンの厚み部分にもビーズがかかるように仕上げるときれいです。

ページ先頭へ

次はボタンを使ったブレスレットです。

チェーンでつなぐだけでおしゃれなブレスレットができます。
ボタンの足の部分の幅が太くて、丸カンやCカンがうまく入らないので、ワイヤーにシードビーズを適宜通してボタンの端近くで、メガネ留めをしてチェーンとつないでいます。



もう少し手を加えると、さらに凝った物が出来ます。
ボタンを使ったキットとして販売もしていますので、こちらのページからどうぞ。

Copyright © 2001 - 2017 ビーズアクセサリーLobelia. All rights reserved.