キット用ワックス

キット用ワックス


オフルーム(ビーズステッチ)の作業において、糸の滑り具合を調整したり、ほつれ留めのために使うワックス(蜜蝋)です。
糸が何回もビーズの中を通る作品を作る場合には、糸同士の摩擦で糸がほつれたり、弱ったりします。
ワックスがあると作業がやりやすくなります。

糸の滑りをよくする目的の物、ほつれにくさを目的とする物など、いろいろな種類がありますが、当店で販売しているのは蜜蝋で、ベタッとした感触です。
そのため、糸がほつれにくいことと形が保持しやすいことから、これを使っています。
堅く作りたい時は、強めにかけると、編み目が緩みにくくなり、しっかり仕上がり、柔らかく作りたい場合は、ワックスは軽くかけて使います。

【サイズ】
2cm x 3cm (厚み1.8cm)。4分の1にカットしたサイズです。

針やワックスは、キットに必要なため、1本からの販売をしていています。
梱包コスト等の理由もあり、単独での販売は想定していませんので、針やワックスのみのご注文はご遠慮ください。

キット用ワックス

商品番号:KT-WAX-CUT

ワックスの中に浅い切れ込みを入れるように、糸を2~3回通してから、指で糸をしごき、余分なワックスを取り除いてなめらかにします。
ワックスを付けすぎると、針穴が詰まったり、べたついたりして作業しづらくなりますので、糸をワックスの中に深く入れないようにするとよいでしょう。

このワックスはべたつくタイプなので、パーツを堅く作りたい時は、強めにかけるようにすると、編み目が緩みにくくなり、しっかり出来上がります。

柔らかく作りたい場合は、ワックスは軽くかけます。
フリンジの場合は、短くて軽い物なら、ワックスをかけなくてもいいくらいです。長くて重いフリンジをたくさん付ける場合は、糸の毛羽立ちを抑える程度に軽くかけて、手でよくしごいて余分なワックスを取り除きます。

また、夏場はワックスは柔らかくなるので、ワックスが付きすぎる傾向がありますし、冬場は堅いので、何度も糸を通さないとワックスがあまり付いていない状態になります。 作る物と季節を考えてワックスのかけ方を調整してください。

Copyright © 2001 - 2018 ビーズアクセサリーLobelia. All rights reserved.